保護司として感じること

みんなまじめだが、何かのひょうしに色眼鏡で見られるようになっている。

優しくて・良い子なんだが周りが少しずつ敬遠するようになっている。